LCM再生

 

サービス概要

近年、多くの製品にLCD、タッチセンサ(タッチパネル/タッチフィルム)が使用されています。
それら製品も視認性の向上、薄型化に向けて、光学粘着シート(OCA)粘着剤(OCR)を使って、
カバーガラスとの間に空気層を設けない密着貼り合わせ(ダイレクトボンディング)が主流。


製品の強度を保つため粘着は非常に強固であり、一度貼り合わせると剥がすことができなくなるため、
多くのLCD/LCMが廃棄されているのが現状。

LCD・OLEDモジュールをディスプレイ、タッチパネル、カバーガラスに分離

当社では、貼り合わせ時に異物/気泡の混入や、位置ずれによりNGとなったLCD/LCMを分離、リペアし再生。

市場戻り品でも対応可能。


また、粘着基材(OCA、OCR)の厚みに影響なく分離、リペア、修理も可能。

タッチセンサがアウトセル/オンセル/インセルのいずれも問題ありません。

お客様のご要望に応じて、カバーガラス、LCD、もしくは両方を再生し、カバーガラス、タッチセンサ(パネル、フィルム)、LCD、もしくは全てを再生、リワーク致します。


真空貼り付け装置での貼り合わせ作業 LCD清掃

また、リユース、再利用可能な状態となったカバーガラス、タッチセンサ(パネル、フィルム)、LCDを当社にて貼り合わせることも可能です。

再生対象部品

 

カバーガラス・トップガラス・意匠ガラス(樹脂型 : カバーパネル トップパネル 意匠パネル)

 

LCD・インセル液晶・オンセル液晶・LCM・バックライトモジュール

 

タッチセンサーガラス・タッチパネル・タッチフィルム

再生実績

 

再生数 300,000 枚以上
良品率 新品 96 %以上
市場戻り 93 %以上

再生能力

 

再生数 10,000 枚以上
再生サイズ 17 インチ ※ 17インチ以上も検討可能。
貼合せサイズ 11 インチ ※ 11インチ以上のご相談も。
お問い合わせ